そろそろ卒煙!禁煙外来 

タバコの煙には、4,000種類以上もの化学物質が含まれています。そのうち、発がん性物質は、なんと60種類にもおよび、肺がんの原因のひとつであることは明確ですが、さらには動脈硬化・高血圧・脳卒中・心筋梗塞・ぜんそく・慢性閉塞性肺疾患・胃潰瘍・バセドウ病・うつ病・勃起不全などの多彩な病気の発症を増やす原因とも考えられています。

 

やめたらいいことは、わかってはいるが、実際やめられないーこの原因は精神力の弱さではありません。タバコを吸うと、ニコチンが肺から血液を介し脳に到達し、快感物質であるドパミンが放出され、タバコ→快楽のスパイラルとなり、(これをニコチン依存症の状態であるといいます)やめられないのです。喫煙者の概ね70%の方がこのニコチン依存の状態といわれています。

 

禁煙補助薬には貼り薬とニコチンを含まない飲み薬等があります。“ニコチンを含まない飲み薬”は、ニコチン切れ症状を軽くするだけでなく、タバコをおいしいと感じにくくする効果を併せ持ちますので、禁煙治療の強い味方になってくれるはずです。

 

禁煙外来の概要ですが、保険診療の場合、全部で12週間、初診を含めて計5回の診察となります。禁煙治療は、処方される薬にもよりますが(自己負担3割として)約20,000円程度です。1日1箱喫煙する方なら、12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。